ニキビにおすすめの化粧水

ニキビができている方はさっぱり系や皮脂を抑える化粧水を選ぶ傾向があります。思春期のニキビは過剰な皮脂が原因なので、さっぱりしたものでもよいですが、大人ニキビは乾燥が原因なので保湿化粧水が必要です。

肌内部の水分が不足すると水分を補うように皮脂が分泌されます。水分と油分のバランスがとれると皮脂分泌が治まりべたつきが気にならなくなります。皮脂による毛穴つまりが解消されてニキビがよくなってきます。

おすすめの保湿成分はセラミドです。疑似セラミド、ヒト型セラミド、植物セラミド、合成セラミドの4種類があり、この中で保湿力が高いのがヒト型セラミドです。人の肌に存在するセラミドと同じような構造をしていて、浸透力が高く刺激が少ないです。肌が弱っているニキビのときでも安心して使えます。

セラミドは分子が大きく浸透しにくいので、成分をナノ化して浸透力を高めたものを選びましょう。成分が肌表面にとどまると毛穴をつまらせてニキビを悪化させます。

テカらない化粧下地 通販

冬の乾燥対策をしっかりとおこなっています

冬になると、肌の乾燥が気になってきます。それは、顔だけでなく、からだ全体にも当てはまります。特に、ひざやひじのカサカサというものは気になります。そんな時にわたしが愛用しているのがヴァセリンです。

 これは、お風呂あがりに、ひざやひじなどに使っています。使っているうちに、気になるカサカサが改善されてきたと思っています。そして、ハンドクリームやリップクリームのかわりにもなると思っています。今では、わたしにとってはなくてはならないものとなっています。

 冬の乾燥は、カサカサした状態だけでなく、かゆみをひき起こすこともあります。こういったことは避けたいので、乾燥対策はしっかりとおこなっています。ヴァセリンの他には、首筋にたっぷりと化粧水を使用したりしています。そして、顔については、オールインワンジェルも使用して、効率よく保湿対策をおこなっています。年齢的にも、こういったことは欠かせないなあと感じています。エイジングケアも兼ねているといえます。

シミの大敵!冬でも心配な紫外線

常に丁寧なスキンケアを心掛けている私ですが、何よりもシミは許せない存在です。今のところ、目立った大きなシミはありませんが、電気の付けた明るい所ではっきりとわかるのですが、これはもしかしたらシミ予備軍かもしれない、という物が幾つかありました。

このシミ予備軍?をこのまま放置するのは怖いなぁ、ということで、私は冬場でも日焼け止めは必ず塗りますね。たとえ、ベランダで洗濯物を干すだけの時でも欠かせません。

カーテン越しであっても、窓辺から差す日差しって結構強いものです。それと同時に強力な紫外線を浴びている、と思ったらお肌へのダメージを考えたらゾッとしますよね。

ですから、スキンケアの方もホワイトニングの効果がある化粧水と乳液を冬場でも使います。ホワイトニングのスキンケアって、主に夏用に作られているので乾燥しそうでそこも心配ですが、やっぱりシミは作りたくないですから、乾燥対策は、乳液の他に美容液とクリーム等で補うことにします。

徹底した対策はきっと無駄にならないと思います。

私がしているスキンケアと洗顔方法について

私の肌は乾燥肌であるため、冬の時期などは大変です。冬は他の季節にも増して肌が乾燥しやすい季節なので、乾燥しないよう保湿は毎日行います。

また乾燥を防ぐだけでは肌荒れの心配は消えないので、顔の汚れを石鹸で徹底的に洗い流して、スキンケア用品を用いて洗顔後のケアもしっかりと行っています。

洗顔には正しい方法というものがあり、私はその方法をネットで調べました。顔を洗うときは力を入れすぎず、優しく丁寧に洗うほうが効果的みたいです。肌を強い力でこすってしまうと、肌に必要な成分まで洗い流してしまい、肌が余計荒れてしまう可能性があるとのことでした。

そのことが分かってからは肌の表面を撫でるようにして、洗っています。強い力でこすったほうが汚れは取れそうですが、必要な成分まで落としてしまうというのはいただけないのでそうしていますが、こんな弱い力でこすっていて本当に汚れは取れてるのだろうかという疑問もあります。ただ美容のプロの方のブログにも書いてあったことなので、信じてそのやり方で洗顔していこうと思います。